稽古記録

301~305日目(合宿)

・呼吸 4拍吸って、2拍保息。4拍吐いて、2拍保息。 律動、リズムに乗ってやる。瞑想する。 自分の専門領域で優れたことをやろうと思ったら、瞑想的にやらなきゃいけない。 若いうちからよく呼吸をやっておく。 人間の体は壊れたからといって交換できない…

300日目

日曜稽古。 A先生。 正面打ち。 一教。 肩を返す。手首を掴みにいかない。手刀で制する。 二教。 白帯の人と。固めの指導ができなかった。 三教。 普通の。 相手の真横すこし後ろに立つ。すると、肘を下げようがない。 外に受けて腕をくぐって回った瞬間に極…

299日目

日曜稽古。 S先生。 相半身片手取り。 四方の吊り出し。 相手の手の内の回転を活かすように。 回すときの手は、体軸に対して鈍角? 呼吸投げ。 相手の首の内側に腕が入る。 入り身して切って転換せずに入り身投げ。 入り身して手首を取って転換せずに入り身…

298日目

日曜稽古。審査。 「力と勇気と信念を持って」の信念とは、自分と宇宙が一体であるという信念。 宇宙の中に、宇宙の法則を離れたものはない。そりゃそうだ。 毎日やる。気の練磨みたいなものは、一気に何時間もやるより、毎日やったほうが身につく。 気の流…

297日目

日曜稽古。 S先生。 片手両手取り。 呼吸投げ。 正面打ち。 入身投げ。 打ち下ろして首に腕を入れて投げ。打ち下ろして相手の腕を担いで投げ。 前に出て転換して相手の横に並んでやるパターン。 ちょっと前に出て相手の正面打ちを誘ってから、前足を後ろに引…

296日目

日曜稽古。 A先生。 後ろ両手取り。 隅落し。 相手の後ろに入る。離れると攻撃される。 ぴったりくっついて、後ろに入って、自分が回転すると相手の腕がすでに伸びている。 一教。 膝を付ける。相手の腕を回転させる。 三教。 相手の横に並ぶ。 四方投げ。 …

293日目

日曜稽古。 S先生。 横面打ち。 受けに使って頂く。 後ろに下がるのと、前にでるのと、セットで行った。 横面うち、耳や首を狙う。 自分が出ていって、相手に横から打たせる。 前に出るときは、相手の顔側の手がメイン? 四方投げ。 相手と背中あわせになる…

293日目

7/10火曜稽古。 A先生。 片手両手持ち。 四方投げ。 取らせた手と相手の前の手のスキマに手を入れて、相手の後ろの手を取り、両手で上げる。 後ろ足が流れている。 前足に重心をかける。田植えのように。 そのためには、自分の足元に相手を落とす必要がある…

292日目

先生の稽古。審査。 武道の開祖は行者。仏教や神道。 道場で呼吸や足さばきするのは確認のため。 家でよーく稽古するように。 ピアノの練習をしていて、今日の練習が終わって明日の練習に行って上達していなかったら先生に怒られちゃう。 本当に動ける人は、…

287日目

火曜稽古。 A先生。 片手両手取り。 転換して前呼吸投げ。 表に一歩入る。後ろ足を横にせず斜めにして、母指根で踏み込む。 転換して天秤投げ。 転換して十字投げ。 足を出す! 二種類。転換して斬って投げるのと、転換して回してその回転のまま打ち返す 入…

282日目

土曜稽古。 N先生。 膝行の練習。 呼吸。 脚さばき。 転換、前足に体重をかけて、後ろ足を飛ばす。 体操 足の爪の横をよく揉んでおく。 小手返し、手をピッタリつけると、摩擦が発生。力が不要になる。 受けを担当する。 片手取り。 転換の練習。 手を動かす…

281日目

3/17 土曜稽古。 O先生。 曲がらない腕。 一教ぐるぐる。 呼吸投げ八種。槍、振りかぶる、引き込んで回す、転換、三教で取らす、背中で取らす、背中で取らす90度回転、背中で取らす180度回転。 正面打ち四方投げ三種。手を添える、両手で相手の腕を斬って当…

279日目

先生の稽古。 呼吸法は、身体が自然と反応するようによく練り込んでおく。 普通、道場では心の使い方やヨガのようなことはしない。自分でやるもの。 道場でやろうとすると、個人の考え方や宗教の問題が絡んできて難しい。 連想行。 技を一瞬で脳裏で行う。そ…

277日目

日曜稽古。 A先生。 正面打ち。 一教、二教、三教。 外から受けて隅落とし、内から受けてくぐって隅落とし。 四方投げ。裏は、一教のように取って、相手が押し返してきたところをくぐって四方投げ。 小手返し。外から入るのと、内から入って転換するのと。 …

276日目

1/13 土曜稽古。 予習、杖の呼吸投げ。腕と同じようにやる。杖の四方投げオモテウラ。手を順手にする。 N先生。 片手取り呼吸投げ、入り身投げ、小手返し、天秤投げ。 手を突き出してるところへ四方投げ、一教、二教。 気の感応。 座りの一教。座の呼吸。 補…

276日目

鏡開き。 先生の稽古。 集気の法はよく各自で練り込むこと。 心と体の使い方は、普通は道場ではやらない。 それは自分で研究するもの。植芝道場や、昔の剣の道場でもやらなかった。 自分で自分の心と身体を癒せるのが第一条件。 息を吐き出す。 坐骨を意識す…

275日目

1/7(日)稽古初め。 S先生。 正面打ち。 四方投げ、小手返し、入り身投げ。 三教投げ。 回転投げ(受ける手の上の手で取る版、下の手で取る版) 天秤投げ。 天秤投げは、相手の脇の下に肘の裏が入る。肩を入れるのではない。 久しぶりの稽古だけど、わりと調…

274日目

12/9土曜稽古。 O先生。 予習、天地投げ。 天の手で親指を極めることを意識してみるが、うまく行かず。 地の手で指摘を受ける。なんだか投げた後に相手の手を引っ張る感触。 等速運動で回転させて、相手の肩を抜く。 通り過ぎる。そのためには、6番の足。送…

273日目

12/3(日)、神戸へ出稽古。 初手、駅を間違える。 JRのほうに行かねばならなかった。 新神戸経由よりも新大阪経由で行ったほうが新幹線代が抑えられたと思われる。 早く行っていたので歩いてJRの駅に移動し、ハンバーガーを食べる。あまり美味しくない。 体操…

272日目

土曜稽古。 N先生。予習、一対一で片手両手。 小手返しは体の目の前。 自分の手を掴む感覚で。腕の長さは同じだから、必ず収まる。 相手の転換で力強く手を引かれる感覚があった。ああいう転換をしたい。 本編も片手両手。呼吸投げ、四方投げ、入り身投げ、…

271日目

11/25 土曜稽古。 木曜に「土曜の朝はやくおいでよ」と言われたので、早く行く。 20分ほど3人で掛かり稽古。 両手取り、両肩取り。後ろ両手取り。二人掛け。 稽古が始まる前に息が切れるが、とても勉強になった。 十字投げで一緒にやっていた人の足首を打撲…

269.5日目

一人稽古。袴の付け方練習3回。 呼吸一通り。 練棒の一教、二教、三教。 練棒で太刀。 練棒で杖の一番。 袴の位置は下すぎる感がある。腰骨の一番上に合わせる。 座った時の手の位置が謎。 呼吸は限界までゆっくりやると、全然終わらない。 しかし充足感あり…

269日目

11/12 日曜稽古。S先生。四方への釣り出し、指で円を作る四方投げ、突き出した拳に一教。 逆半身片手取。 一教、三教、四方投げ、入り身投げ、気の感応、回転投げ内外、天秤投げ。三教裏、落とし方に課題。入り身投げ、足を使って入る。天秤投げ、入れる手は…

268日目

10/26 土曜稽古。O先生。一教ぐるぐる。曲がらない腕。 太刀取りの体術版。 相手の立ちと平行に立って、垂直に切ってからの技。継ぎ足からの呼吸投げ、入り身投げ、その場で一回転しての入り身投げ、肩取り一教、二教、三教、後ろ両手取り四方投げ四種、気の…

267日目

土曜稽古。O先生。一教ぐるぐる。 曲がらない腕。片手両手持ち、後ろで取らせての呼吸投げ。 一教、二教、三教、四教、五教。補習、一教。流れに乗るような技、心がけてはみたけど、なかなか実現できない。 相手の腕を掴む手にかなり力が入っている。一教、…

263〜266日目(合宿)

一日目。片手両手取り入り身投げ、小手返し。呼吸合わせたっぷり。呼吸力は、言い換えればディヤーナ(禅定)の力。 宇宙の力を活かした状態。 画家には画家の、科学者には科学者の呼吸力がある。手の形に気をつける。 刀を放した手。 自在に操るための形があ…

262日目

日曜稽古。 S先生。人いっぱい。40人くらいいたのでは。逆半身片手取りの筑波山とか向くやつ。 片手両手取り呼吸投げ。 正面打ち、打ち落として天地投げ。内回転と外回転。 正面打ち入り身投げ。外から入るのと、内に入って手先で螺旋を描きつつ相手の背中を…

261日目

土曜稽古。N先生。開始前、足の甲を擦りむくという話をしたら、後ろ受け身の時に足の甲から着地しているのでは?という指摘を頂く。 足の甲からではなく、足全体で着地するのが正しい。 なるほど! 確かに、着地した後に擦る感触はなかったから、接地の瞬間…

260日目

9/16 土曜稽古。O先生。人数少なめ。黒帯少なめ。 受けを取らせて頂く。 「両手で」って言われたのに「片手両手」で持ってしまったり。。。曲がらない腕。最後に「何もしない」付き。 もう少し力を抜く。正面打ち入り身投げ、呼吸投げ。脇の下から担いで呼吸…

259日目

9/2 土曜稽古。O先生。折れない腕、一教ぐるぐる。 正面打ち一教、二教、三教。 四方投げ、気の感応、座の呼吸。座の呼吸、前に出しすぎ。相手を上に上げる。 相手の手が自分の手首の上に乗る感覚。 手のひらを前に出さずに。手刀を立てる。四方投げ、わりと…