走ることについて語る時に僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 毎年フルマラソンを走る珍しい文学者、村上春樹のエッセイ。

 内田樹の選書で勧められたので読んでみました。
 感化されてとりあえず御所の周りを一周ジョギングしてきましたが、なかなか辛かった。

 村上春樹のエッセイの評判はいろいろ聞いていたのですが、確かにムカつくほどオシャレで、洗練されたキザさがありました。
 しかし、書くことや走ること、自分のコンディションを管理することへのストイックさというか、なんなんでしょうねこのかっこ良さ。

 「自分に厳しく」というのは私の苦手とするところなんですが、時間の使い方を含め、もっと自律していかねばなるまいと思いました。
 「人に優しく自分に甘く」の看板を下ろす時がきたようです。