遊びます宣言

ぼくは高校生の頃、ネトゲにハマり過ぎて、
「たくさんお金を稼いで速攻で退職して、一生ネトゲをして過ごそう」
と思っていた時期がある。

当時のぼくにとって、「未来のために何かする」という時に想像していた「未来の自分」は、「ネトゲをこよなく愛する自分」だった。

もし当時真剣にそういう人生モデルを描いて、そのとおりに行動していたら、ぼくは今もネトゲ廃人だった。
(幸いにも、当時はゲームをし過ぎるあまり、未来に備える余裕がなかったけれど)

今、ぼくは未来の自分について、何かしらイメージを持っていて、その未来に向かおうと行動している。
でも、おそらく未来の自分は、今のぼくの想像を超えている。
高校生のぼくが、東京でITサラリーマンしている自分を想像できなかったように、今のぼくは、未来の自分を想像できない。

現在ぼくが「未来の自分のために」と思ってやっていることは、「彼」にとっては余計なお節介な気がする。
だから、今のぼくができることは、後先考えず、瞬間瞬間の合理性を追い求めることだけなのかも知れない。

必死でオンラインゲームをやっていた頃、1000時間以上を費やしてレベル上げをし、晩から朝まで全国大会に向けてチームプレイの練習をした日々がなかったら、今のぼくは存在していない。

なのでぼくは全力で遊びます。