シッダールタ

シッダールタ (新潮文庫)

シッダールタ (新潮文庫)

ヘルマン・ヘッセ
てっきりブッダの伝記だと思っていたのだけれど、そんなことはなかったぜ。


これはたぶん、仏教にならなかった仏の話だ。
シッダールダは悟りと迷いを繰り返し、あまり多くを話さない。
彼の悟りは彼の人生と結びついていて、個人的過ぎて人には伝わらない。
ただ、彼と会った人だけが、彼の表情や身振りから、そこはかとない悟り感を読み取る。
そういうブッダがおそらくいっぱいいる。今でもいるはず。