42日目

ほぼ二週間ぶりの稽古。
夏休みで行けなかった。
と思ったら、次の審査が9月中旬という事実が告げられる。
体なまってるし、稽古数足りないし……
チャンス!(自己啓発系言い換え表現)

でもまあ粛々と稽古。
審査向けの基本的な技をやる。

・天地投げ
地の手は肘を伸ばして大きく突き出す。
天の手は相手の胸に肘を着けるつもりで行って、呼吸投げの動き。

・全般的に。
重心は常に前。
技をかける前に後ろに下がる癖が付いている。手の長さのせい?気をつける。


最近、読書絶ちの禁を破って、内田先生の修行論を読んだ。
いつもの話が多かったんだけど、合気道の修行の話と絡めて話してくださったので面白かった。
いろいろと高い境地の話をしつつ、結局は修行しようというお話。
よし修行しよう。