65日目

土曜稽古。
N先生。

正面打ちの技。
納会あたりで、「君の正面打ちは振りかぶりが2回あってやりづらい」と指摘されたので、それを直すことを意識。

序盤は一対一がけっこうあり、一教、二教などしっかり取り組む。
ぼくは手首が柔らかいらしく、二教があまり決まらない模様。
有段者の人がしっかりかけても、あまり痛くなかった。
まあ、指導員の人とかにかけられると普通に痛いし、まだ白帯なのでみんな手加減してくれてるんだろうけど。

最後に座の呼吸でいろいろ指導していただく。力学的に。
相手の肩からはみ出ると、力が分散してしまう。
手のひらを下にすると、地面に叩きつけられてしまう。
奥が深い。