71日目

日曜稽古。

財布を忘れて遅刻するという残念な事態。。。
いや、でも家を早く出ていたからこそ、財布を忘れても、致命的に遅れずに済んだ。

先生の稽古で、しっかり呼吸をする。

「呼吸によって、宇宙の知恵と力を取り込む。知恵と言ってわからなかったら、法則と言っても良い」


技としては、相手の手を上から回す入り身投げとでもいうべき、知らない技をやる。
相手と自分の間に線を引き、自分の足を入れ、相手の手を上からまっすぐいれる。


しかし、遅刻は良くない
「遅れてきたことで先生を怒らせていないか」とか、「他の人はどう見てるんだろう」
とか、邪念が生まれる。
他人の目を気にするのは、他人を大事にしているからではなく、自分を大事にしているからである。
でもまあ、修行の足りない身であるので、やはり邪念のもとはないほうが良い。