79日目(研修会)

研修会@本部道場。
三級になったので、研修会に参加できるように。
甲南の人と再会できたり。

内容は、呼吸、体術、太刀取り、杖、と盛りだくさんの3時間半。大満足。

入り身投げの視線は、自分を中心とした円錐の底辺。結界、研究室。
四方投げは、膝をつくほど、地を這うように投げる。
・後ろ両手の四方投げの時は、抜けた時点で手首を取る。

昭和10年くらいには、取らせる稽古になっていた。
・大先生の足袋は、拇指球と、拇指球の内足側しか破れなかった。ほかは新品同様。
足さばきも、拇指球を擦り出すようにやる。
・大先生が片足で立ったのを、全力で押してもびくともしなかった。
・太刀取りは、小指側に剣先、親指側に柄がくるように、逆手?に取る。
・太刀取りの際、後ろ足を出さない。自分の足をつないだ線と、太刀筋が平行になっていないと、斬られる。
・杖は八双の構えが課題。そこ以外はまあまあ形にはなってる。
・私はエスカレーター、エレベーターは使わない。
→この発言を受けて、門下生一同、帰りは階段だった。

午前から午後まで、昼飯食べる間もなくやった結果、帰宅後は疲労困憊。夕飯だけ食べて早々に寝る。
このくらいはこなせる体力がほしい。
あるいは、無駄な力を使いすぎなのやも。