119日目(目)

中体。H先生。
午前中からずっと。

うちにさばいて正面打ちの四方投げ、外にさばいて正面打ちの四方投げ
正面うちの呼吸投げ、入り身投げ
木刀取りの一教、外版、内版。

流れを切らない稽古。
力ずくでなく、お互いに気持ちよく力を使う。
今日はそういう稽古をする。

呼吸投げの時、前で受けを取らせて頂く。
緊張したー
相手の足元に足をしっかりかけているのが印象的。

木刀の技は久しぶりにやった。
もっとふらねば。

終わったあと、A兄さんとK姉さん(仮)と補習。
へとへと。
そういう時になると、相手にしがみついてしまい、握りが強すぎて痛いと言われる。ごめんなさい。

きがえながら、N先輩(父と同い年)と天風先生の話をする。
ビジネス書のたぐいは、天風会の勧誘のためのつかみだよね。
稲盛和夫とか、お弟子さんたちが、ビジネスでも応用できることに気づいた。
でも、天風先生が本当にやっていたのは、心身統一法。
形だけやってもだめ。勉強だけでもダメ。実践せねば。