137日目

久々の日曜稽古。S先生。

相半身の片手取り。
一教、濡れ布巾の二教、四方投げ、一教の手で取ってから表に入って小手返し入り身投げ、回転投げ。

一教、肩を返すの意識した。たまに失敗。面白い。
濡れ布巾の二教、入り過ぎない。中心を外す。決して相手の正面でかけない。逆の手で反撃されちゃうよ。それじゃ、何のために稽古しているのか分からない。
四方投げ、相手の手を導いてから返して投げる。返す時に握らない。投げる途中で相手の腕が手の中に入ってくる。
一教の手で取ってから表に入って小手返し、面白い技。高段者も最初は戸惑い気味。形だけはできたけど、そんなことより、小手返しの最後の足を開くのができていない。小手返しは自称得意技なので、精度を高めよう。
入り身投げ、遠い。
回転投げ、振りかぶって回転し、そのまま落とす。
座の呼吸、Y先生とやらせて頂く。前に出しすぎ。上に釣り上げて、真横というよりは手前に払い落とす。

先生の写真集が来たので読む。
これは美しい本だ……
そして、稽古の時の先生のお話が活字になっている。
呼吸法の時の呪文めいた言葉とかが。
これは貴重な資料だ。。。
大事に読もう。