146日目

火曜稽古。
稽古納め。

まずは大掃除。
道場の掃除というのは、なんというか、門人冥利に尽きますな。
まあ、ふつうの多目的会議室だけど……

そして稽古。先生の稽古。
一日置きに先生の稽古を受けられるとは……!

声が頭に響くのをよーく感じる。
朝の呼吸で、後頭部がビリビリというかゾクゾクする。


とにかく肛門を巻き上げるように締める。
身体の中心をしっかりさせる。
そうすれば、手や足は勝手に動く。

初心者に積極的にかかっていくことで、先生の受けを取る作戦。
一教の前半、二教の初めだけかけていただく。


二教もさっと反る感じ。
剣と同じ。上を向いているものを、さっと切り下ろす。


稽古後の納会。
一年に一度だけ許される、稽古からのその場でビール。旨い。
先輩方、後輩方と話し、先生のお話を聞く。
・来年は稽古をはじめて65年。自由にやりたい。来年は稽古の方法を変えていこうと思う。
・ここは狭くて気の毒だけどね、都内で定期的に稽古ができるというのはありがたいこと。
・一緒に稽古致しましょう。


二次会、三次会は、自らの至らなさが多々目についたが……
まあ、多くは言うまい。