151日目

1/11鏡開き。
先生の稽古。

60人近く集まる。
呼吸合わせで、衣擦れと呼吸の音が波のようだった。

隙のない生活をする。
構えた生活じゃない。
囚われない生活。

入り身投げ四方投げ
一教から三教。

入り身投げ、手が触れた時には足が入っている。
当て身を脇腹に入れる。
大先生のフィルムはそうなっている。

固め技、270度手を回す。
肘をつかんで、手刀は最後まで手刀。
肩を抜く。
そうすると、呼吸がしづらい。
呼吸に対する崩し。姿勢を崩すだけが崩しではない。

剣の理合い。
剣先を意識する。
手を挙げた時、手のひらが上を向く。
手のひらを下に向けて切り下ろす。
二教なら、ばっと手を返して切り下ろす。
三教も簡単に切り下ろしているけど……どうなってるの?

三教を途中までかけていただく。
初心者と組んだ時に、先生が初心者のうしろから手を添えて技をかけてくださる。
力強い。
肘が歯車ときれいに噛み合ったような。

・正面打ち、まだきざんでる?

多くの武道はバシーっと斬ってしまう技を研究してるけど、合気道はそうじゃない。
いかに力を創造的に使うか。
何もないところに何かを生み出すか。
そういうことを研究している。
それが難しい。
大先生も、他の武道をやった人にそれを分からせるのが難しかったと言っていた。
珍しい武道なんだ。滅多にないよ。


力を合わせて稽古致しましょう。