156日目

土曜稽古。
N先生。

寝坊でいっそサボタージュか……と思ったが、途中からでも行ってよかった。

両手取り。
天地投げ、小手返し四方投げ、一教、座の入り身投げ、座の一教、座の呼吸。

天地投げ、天の手の肘を落とす。
小手返し、目線を360度切り替える。
相手にぶつからない。
四方投げ、相手の腕に下から沿わせる。
一教、肘を返す。面を押すように。真っ向勝負ではなく、横に力を流す。
座技、後ろ足を引き付けると、圧倒的に動ける。


思うところがあり、今日はゾーンに入ることを目標にした。
先生は三昧境、ノる、ゾーンなどと様々な呼び方をされるが、確かに先輩を見ていると、技をやってる時と普段で顔つきが違う。
その変身ができるようになりたい。

実はこれ、仕事でもテーマにしていて、エクセルの山を前にして、ばっと集中状態に入って一気呵成に処理できるようになろうとしているところ。

意識してやってみると、思いの外すんなり集中状態にはなれた。
2時間ぐらい原稿書き続けた感覚というか、エクセルマクロを二時間いじりつづけた感じというか。(自分にしか分からない比喩)

集中が切れてから脳がどっと疲れる感じ。
これは実に快い。
この方針で稽古しよう。