179日目

火曜稽古。S先生。

正面打ち。
一教。
正面打ちを片手で受けて、背中をみせて腕をくぐって、四方投げ入り身投げ小手返し
正面打ちで裏に入って、回転したりしなかったりの天地投げ、肩に担いで投げ……?
正面打ちで表に入ってくぐって、三教で固めてからの、三教投げ、三教のまま相手の背中に手を回して天地投げ、三教でぐるっと頭の上を回して投げ。
座の正面打ちを表に入って首を真正面に切り下ろす。

難易度高めの技のオンパレード。

四方投げ、相手の正面打ちの勢いを殺さない。手を掴まない。
入り身投げ、しっかり入り身。
小手返し、足を引きながら、相手側に指を返す。足を引きながら手を返すのがいまいち分からん。

なんか痛い稽古だった。
投げ系で何度か地面に落ち、三教背中に回して天地投げで肘から落ちたり叩き落とされたりし。
その辺はうまいこと受け身で吸収できたものの、一番痛かったのは、入門仕立ての白帯の人を入り身投げする時に、相手の頭を自分の唇に当ててしまい、唇の裏をざっくり噛んでしまった。

でも、これで噛むってことは、入り身投げの時に前傾姿勢になってるということ。自分はすっとまっすぐ立って、相手を回さねばならない

稽古前、最近座の呼吸で感じる「手首で相手を投げる感じ」を意識しようと思ったが、難しい。
手に力を入れる必要はなく、手首で相手を操作できるはずで、それが進化すれば肘や肩や体幹で相手を投げられると思ったのだが、簡単ではなかった。
片手取りの日とかにじっくり試してみたい。