193日目

火曜稽古。

A先生。
両手持ち、外から引っ掛けて外に入って投げ、逆に入って投げ。
正面打ち、うちに入って三教、四方投げ、隅落とし、小手返し

外から引っ掛ける岡持ちの投げ、相手の脇を開けたまま投げる。
相手のことを考えて技をかけることができてないな。。。

三教、裏も表も、まずは肩を返す。肩甲骨を開かせる。

隅落とし、天地投げの地の手と一緒。しっかり斜め後ろに崩す。

正面打ちの技、前に出ない。横に出る。前に出ると無防備になる。


技をかけている時、相手に反撃されうるかどうかは意識したほうが良いな。逆に、技を受けている時、相手を殴れるかどうかを観察するのも有意義か。

股関節を入れて立つ奴、なかなか意識できず。
継続的に意識し続けるのと、足捌きの練習でそもそもの自分のデフォルトを変えるか。

あらゆる技に共通する「普遍的な理論」を研究しないと。
指導員が教えているのはその部分。
誰相手でも変わらない、技の普遍的な部分。