254日目

土曜稽古。
N先生。

逆半身片手取り。
初めて、受けを全体通じてやらせて頂く。

呼吸投げ、隅落とし、耳つけ投げ(?)、四方投げ、肩取り一教、型取り二教、気の感応、転換前呼吸投げ、座の呼吸。

呼吸投げ、相手の手を切らないように手の方向を変える。
相手を下に下ろす。
通り抜けるように行う。←これ聞いたらすごく投げやすくなった。

隅落とし、低く。

耳つけ投げ、相手の背中に腕が回る感覚。

四方投げ、相手の脇を開いていく。


補習、S先生と。
同じ動きから、別の技に入る。
ぼけっと技をかけない。返し技を食らうよ。武道なんだから。(と言いながら、肘を逆に極めながら腕を縦にして投げられる。受け身とれるギリギリくらいの威力……)


受け、疲れる……
休む間がないし、神経を使うので、疲労が蓄積する。
そしてとても勉強になる。

耳つけて投げる時、技が鋭い先輩と組んで、ダメージがでかい。あとで確認したら足の甲が三箇所も擦り剥けていた。
で、対策として、身体をぐにゃぐにゃさせてみた。
体内で生起する動きを体表面に露出させるイメージで、ふわふわ受け身。
結果、地面に叩きつけられる感が減って、ダメージが全身にばらつきつつ、横方向に流れて対処可能に。
これは面白い。