257日目

土曜稽古。

N先生。

開始前、M先輩と剣の技。
柄を持たせた場合、前の手を持たせた場合。
腰を引いて剣を抜く。
転換して剣を抜く。
抜いたら斬る。


片手取り。
呼吸投げ下に落とす、転換。
四方投げ掴まず、掴む。
転換して手刀を下にして投げ。
転換して天秤投げ。
一教、二教。
気の感応。
座の入身投げ
座の呼吸。


四方投げ掴まず、全然決まった感がない。
特に裏。
回転が足りない?

天秤投げ以降、受けを取らせて頂く。

天秤投げ、手を上げすぎない。というか、相手を下に落としながら投げる。
N先生に「よく受け身取れたね」と言われる。わーい。

一教、斜めに引いてからの、手の上げ方。
相手の手をはがして、二教気味に極めて、膝を下げつつ腰を回して上げる。
はがした時点で、すでに手が極まって痛い。

二教、自分の身体を下げると効かない。
少し前傾することで極める。

座の入り身投げ、離れすぎ。入り過ぎか。あまり前に行く必要はない。
袴で膝行するのがなかなか難しい。


補習、A先輩の高威力一教の秘密に迫る。
ゆっくりで良いから、足を使う。
進むとき、一歩ごとに低くする。
肘を鈎状にする。