282日目

土曜稽古。

N先生。

 

膝行の練習。

呼吸。

脚さばき。

 転換、前足に体重をかけて、後ろ足を飛ばす。

体操

 足の爪の横をよく揉んでおく。

 小手返し、手をピッタリつけると、摩擦が発生。力が不要になる。

 

受けを担当する。

 

片手取り。

 転換の練習。

  手を動かすのでなく、身体を動かす。手の位置は動かない。

 呼吸投げ、耳つけ落とし。

 握らない四方投げ→握る版。

  手が切れがち。

  相手の手を自分の手の上に置いておく。

  表は浅く、裏は深く。

 隅落し。

  手をシャープに動かす。大きくしすぎない。

  肘を伸ばし気味にする。

 入身投げ小手返し

  身体で入って手を切る。

 一教、二教。

  表に入る時は当身。

 二人がけ。

  四方投げの動き、表裏。

 気の感応。

 座技呼吸。

 補習、S先生と。

  Q:技をかける時に力が入ってしまうのはなぜですか?

  A:稽古不足。

    感覚の問題。

    稽古の量の問題ではないが、関係がある。