300日目

日曜稽古。

 

A先生。

 

正面打ち。

一教。

 肩を返す。手首を掴みにいかない。手刀で制する。

二教。

 白帯の人と。固めの指導ができなかった。

三教。

 普通の。

  相手の真横すこし後ろに立つ。すると、肘を下げようがない。

 外に受けて腕をくぐって回った瞬間に極ってるやつ。

  外に出て受ける。受けた手が上になって極まる。

 

隅落し。

 撃ち落として開いて落とす。撃ち落として上げてくぐって落とす。

  相手の腕を上げず、下げたまま落とす。

  自分の肘をまっすぐに。

 

四方投げ

 ぶら下がるような動きをしている。手首を極めて投げる。四方投げと言いつつ、関節技の要素が強い。

 相手の顔の前に行かない。斜めに相手の腕を釣り出す。

 

小手返し

 これも掴みに行かない。

 手刀で制する。

 投げるとき、相手から遠ざかるように足を引くことで、反撃を防げる。

気の感応。

 相手から受けた感じをそのまま返すイメージでやってみた。

自由技。四方投げになりがち。

座の呼吸。

 倒す方の膝を腕とほぼ同時に出す。

 

K先生に「よくなってきた」「自由技やってわかった」などと過分なお言葉を頂く。ありがたや。